バナバ茶の歴史 of 健康茶通販 バナバ茶を買うなら毎日健康 樹皮バナバ茶通販

top_logo.png
フィリピンの自然の恵み豊かな大地で、澄んだ空気とまぶしい太陽光をいっぱい吸収した天然100%の樹皮タイプのバナバ茶
(財)広島県環境保健協会品質試験済(試験検査成績書第51-07-01288号・輸入食品等試験成績証明書第55-12-00145号)

viewcart.png

HOME > バナバ茶の歴史

その歴史は1500年以上にものぼり、そんな時代からフィリピンの人々は、バナバで病気の手当てをしたり、その葉や樹皮を煎じて健康茶として飲んできました。

tree6.jpgバナバは、東南アジアを中心に熱帯、亜熱帯に広く分布するミソハギ科の樹木です。

バナバという呼び名はフィリピンにおける愛称で、フィリピンでは樹皮や葉から抽出した液をお茶として、また民間治療薬として古くから飲用していました。フィリピンでは「女王も手の届かぬ神木」・「天人花」と呼ばれる神秘的な木です。

その歴史は1500年以上にものぼり、そんな時代からフィリピンの人々は、バナバで病気の手当てをしたり、その葉や樹皮を煎じて健康茶として飲んできました。現代ではその効能の科学的な解明が進みつつあり、フィリピンではバナバは「薬用植物」に指定されています。1993年には、フィリピンの科学雑誌にインスリンの様な作用をするタンパク性物質の存在が報告されました。

また、これとは別にバナバの葉にはコロソース酸という糖分制限に良い成分があることが報告されています。

フィリピンでは、街路樹としてもよく植えられている日常的に親しまれている樹木の一種です。日本では約10年前にダイエット茶として紹介されブームになりました。

blog_banner.gif

◆書籍のご紹介
「バナバ」で血糖値が下がった!糖尿病が治った!―最先端研究が明かす「植物インスリン」の驚くべき治癒力
糖尿病、肥満、高血圧などに「薬効」をもたらす!原産地の東南アジアで長年「薬用植物」として珍重されてきた「バナバ」―意欲的な研究の結果、科学的にその血糖降下作用が実証されました。

book22.jpg

「バナバ茶」健康法―糖尿病対策の決定版
フィリピンでは古くから健康茶として愛飲され、副作用のなさと高い効果が証明されている「バナバ茶」。自然がつくったインスリン同様の成分で糖尿病ばかりか、肥満、高血圧、胃腸病などにも効くというその効能について、体験者の手記をまじえながら解説する。
バナバ茶健康法―驚異のミラクルパワー
クセがなくおいしい! ノンカフェインでミネラルたっぷり、食物繊維はサツマイモの約15倍! 糖尿病からダイエット、成人病予防にまで効果がある「バナバ茶」の全てを紹介。体験リポート付き。〈ソフトカバー〉

banaba_kikuta.jpg